買取需要は高いです

海外で需要があります

作業員

トラクターの中古買取・販売について紹介します。トラクターは農業の必須アイテムですが、日本では農業就業者の減少からトラクターを所有しているものの、農業を引退するとともに、活躍の場が減っていることも事実です。そのため、中古トラクターを所有している方の多くは農業引退した方ばかりです。所有しておいても仕方ないため、売りに出す人も増えています。中古トラクターの買取ニーズは高く、20年前や30年前に製造された中古品でも買取対象となるのが現状です。日本では、中古トラクターの販売ニーズは少ないですが、海外では、日本の中古トラクターの販売ニーズは高いです。海外では、農作業を手作業で行うことも多々あり、中古トラクターの需要が高いです。日本製というだけで品質価値が高く、20年30年落ちの中古品でも売れるという訳です。日本の農業技術は海外よりも先を行っており、日本の農業技術を学びに来る外国人も多いです。農業研修の中で、トラクターについて学ぶこともあります。日本で農業技術を学んだ外国人が帰国して、農業普及に努める際に日本製の中古トラクターが活躍します。買取市場も中古品を高く買い取りすることもあり、日本では使用しなくても海外で活躍の場があることが買取ニーズが高い理由です。これから、売りに出そうと検討されている方、まだ間に合います。日本から海外へ活躍の場を作れるきっかけが買取市場です。ネット検索すると、様々な情報がヒットしますので、参考にされて下さい。

経営への負担も少ない

トラクター

トラクターは1千万円を超えるものも少なくなく価格が高いため、キャッシュで購入することは少なく、多くの農家はローンで購入します。ローンでの購入は、返済金が経営に大きな負担となるので、比較的安い価格で手にはいる中古のトラクターが、根強い人気を集めています。現代の農業は、規模拡大や高齢化によって、トラクターは必須機械となっています。作業機の取り外しの手間を省くために、頻繁に行う作業については、専用の作業機を装着したトラクターを準備する人もすくなくありません。必然的にトラクターを複数台所有する人も増えており、導入の資金負担を軽減するために、中古トラクターの需要も増えています。中古トラクターは、不具合やトラブルの発生につながりやすいと考えられがちです。しかし、定期的なオイル交換や点検を行い、使用後の洗浄やグリスアップ、さび止めなど丁寧に使用された機械は、古くてもアワメーターの数字が多くても状態が良いものが多くあります。状態が良いものを見つけることができれば新車価格の3〜5割程度安い価格で購入することができ、トラブルなく使うことがでるので、非常にお得に入手することが出来ます。良い中古トラクターを選ぶためには、価格が安いだけでなく実物を実際に確認してエンジンをかけて、エンジンの音やオイル漏れをしっかりと確認しましょう。可能であれば、前のユーザーの情報を入手し、どの様な使い方をしている人かどうか確認できると、安心して購入を決めることが出来ます。

まずは馬力を選ぶこと

紙幣

トラクターなどの農機具を初めて購入する、または買い替えたいといったときに、選択肢に上がるのが中古の存在です。トラクターは、通常の乗用車とは異なる視点での購入が大切で、そのためにもまずは必要な条件等を整理しておくといいでしょう。もし現在すでにトラクターを利用しているというのであれば、現状には満足しているでしょうか。満足しているのであれば、同じ型のトラクターを中古市場で探すという方法があります。あえて高いお金を出して新機種を購入するメリットがないからです。改善したい部分があるというのであれば、その点をきちんと整理しておくといいでしょう。初めての購入も同様ですが、選定のポイントとして一番大切なのは馬力です。トラクターはアタッチメントを交換することで、いろいろな使用目的に使うことが可能です。しかしその用途に応じた馬力でないと、本来の力を発揮できないため、使用目的を整理しそれに適した馬力のものを選びましょう。農作業に使用する場合でも、米なのか野菜なのかによっても適正馬力は異なりますし、実は土質によっても変わってくるのです。明確な用途や土質が決まっているのであれば、中古であってもそれに適した馬力を選ぶことが出来ます。もし迷うのであれば、25〜35馬力がオススメと言われています。もっとも使用されている馬力であり、さまざまなアタッチメントを付属しても実力を発揮してくれます。いろいろな目的で利用したいというのであれば、中古で安くトラクター本体を探し、アタッチメントを取り揃えるというのがオススメかもしれません。

買取価格や業者

畑

近年では少子化や農業従事者の減少で、中古トラクターを買取業者に引き取られるケースが多いです。そして、取引された日本の中古トラクターの多くが海外に輸出されます。中古トラクターでも人気のタイプは100万円以上で売却できます。

もっと詳しく

買取需要は高いです

作業員

中古トラクターの買取需要は高いです。農業引退とともに、使用しなくなった中古トラクターの行き先は海外です。海外では、日本製のトラクターが人気で、農作業の必須アイテムとして活躍しています。農作業を手作業で行うことも多く、機械での農作業は農業技術の効率化や進歩に繋がります。

もっと詳しく

農機具の再利用について

トラクター

購入金額が高額になるトラクターは、中古市場が発達しており、また中古品取扱業者は農家から人気を得ています。その主な理由は2点あり、1つ目は安価な購入金額での入手を可能としていることです。2点目は資産であるトラクターを現金化する術を提供している、という点です。

もっと詳しく