買取価格や業者

好条件の取り引き

畑

農業を行う際に不可欠なのが農機具ですが、その中でも欠かせない機具がトラクターです。作物を栽培するために、農地に肥料を撒いて耕作しますし、栽培終了後も耕作が欠かせません。この際に重宝されるのがトラクターです。トラクターの価格は、馬力を基準に決定されるのが一般的です。一番コンパクトなタイプは10馬力で、大きなタイプでは130馬力以上のトラクターもあります。日本は少子高齢化や農業従事者の減少などで、中古のトラクターが買取業者に引き取られるケースが多いです。また、買い取られた中古トラクターの大半が、外国に輸出されています。その中でも、東南アジアでは日本の中古トラクターが非常に支持されています。そのため、かなりの中古タイプであっても、割高で売買されることがあります。そのため、買取業者を見つける場合は、海外取引をその業者が実施しているかをチェックするのも得策です。トラクターの種類にも関係しますが、およそ100万円程度で売却できるタイプも存在します。売却する時には、いくつかの買取業者から見積もりを取り寄せて、さまざまな条件を比較することが大切です。また、複数の買取業者を同時刻に呼んで、その時に最も好条件を提示した業者と取り引きするという方法もあります。買い取りを行う場合、査定料や交通費、運送費等の費用が生じることが多いです。しかし、買取業者によっては、その費用を全て負担してくれる業者もあります。

重機の売買について

お金を持つ人

トラクターとは、牽引車のことを指します。牽引車というのは、貨物自動車の一種です。運転席と荷台が分離できる構造の牽引車をトラクターと呼んでいます。トラクターは、主に農業機械として用いられています。日本国内におけるトラクターの近年の動向として、「大型化」が挙げられます。大型化は、農業基盤整備事業による圃場(ほじょう)の大規模化によるものです。一昔前ではほとんどみられなかった100馬力のトラクターが一般化しており、大型化にますます拍車がかかっています。また、トラクターなどの農機は、中古市場が充実しているという特徴があります。近年では、インターネットオークションなどでも中古の農機がたくさん出品されています。ですが、中古とはいえ、せっかくトラクターを購入するのであれば、専門の市場で購入した方が良いでしょう。中古のトラクターは、「全国中古農機市場」などで購入することができます。全国中古農機市場のホームページでは、品名やメーカー名、使用時間や一般価格などの様々な条件で検索することができるので非常に便利です。価格はピンキリであり、20万円ぐらいのものから100万円以上のものまで、たくさんの種類のトラクターが出品されています。トラクターというのは高価かつ巨大なものなので、手軽に購入することはできません。手軽に購入することができないからこそ、「信頼できる市場」を通して、信頼できる売り手から購入することが大切です。

メジャーな大型農機具

作業員

自然を相手にする第一次産業である農業は、どの国にとっても重要なものです。近代的な農業では機械化が進んでおり、小さな農家であっても原動機を備えた農機具が利用しています。日本でもよく見かける農機具がトラクターです。トラクターは単独で何かの作業を行うのではなく、車体後部に専用の器具を取り付け、引っ張ることで地面に力を伝えます。収穫用の器具を取り付けて地中に埋まっているジャガイモを掘り起こす、別の器具に取り替えれば土壌を深く耕せる、といった具合です。農業の現場に浸透しているトラクターは、中古品であっても需要が高いのが特徴です。大型農機具は新品で購入しようとすると数百万円もの費用がかかり、家族経営の農家ではとても手が出せません。農業を営むには作物の苗や肥料、資材もそろえる必要があり、トラクターの購入に全ての予算を割くことはできないのです。しかし機械の力を一切借りずに農業を行うことは難しいのが現実です。そこで多くの農家は割安な中古トラクターを購入し、メンテナンスを施しながら使っています。安い中古トラクターであれば50万円程度から手に入れることが可能なのです。中古農機具の販売を専門にしている店もあるので、求める能力と予算を伝えておけば、適した機材を探してくれます。同時に買取も行っている店であれば、別の不要になった農機具を買い取ってもらい、中古トラクターの購入資金に充てることもできて一石二鳥です。

買取価格や業者

畑

近年では少子化や農業従事者の減少で、中古トラクターを買取業者に引き取られるケースが多いです。そして、取引された日本の中古トラクターの多くが海外に輸出されます。中古トラクターでも人気のタイプは100万円以上で売却できます。

もっと詳しく

買取需要は高いです

作業員

中古トラクターの買取需要は高いです。農業引退とともに、使用しなくなった中古トラクターの行き先は海外です。海外では、日本製のトラクターが人気で、農作業の必須アイテムとして活躍しています。農作業を手作業で行うことも多く、機械での農作業は農業技術の効率化や進歩に繋がります。

もっと詳しく

農機具の再利用について

トラクター

購入金額が高額になるトラクターは、中古市場が発達しており、また中古品取扱業者は農家から人気を得ています。その主な理由は2点あり、1つ目は安価な購入金額での入手を可能としていることです。2点目は資産であるトラクターを現金化する術を提供している、という点です。

もっと詳しく